北朝鮮代表を選んだ在日コリアン3世ストライカーのドキュメント

北朝鮮代表を選んだ在日コリアン3世ストライカーのドキュメント
北朝鮮、韓国、日本、南アフリカ、ベトナム、ドイツと世界6ヵ国で撮影を敢行、チョン・テセ選手の素顔を垣間見ることができる作品だ。<br>(サーチナ&CNSPHOTO)
 川崎フロンターレに所属していたJリーガー時代には、リーグ戦通算40以上のゴールを記録するフォワードとして活躍し、昨年ドイツ・ブンデスリーガのVfLボーフム移籍した鄭大世(チョン・テセ)選手。1984年名古屋生まれの在日コリアン3世で、朝鮮学校で教育を受け、父と同じ韓国籍だが本人は北朝鮮を祖国とみなしている。2007年に念願の北朝鮮代表入りを果たし、2009年には北朝鮮を44年ぶりのワールドカップ出場へと導いた。その大世選手を3年半にわたり密着したドキュメンタリーが公開される。
 
 「韓国に行っても、北朝鮮に行っても日本人扱い。日本で暮らしていても、日本人扱いをされるわけでもない。故郷はいっぱいあってもホームがない」。そうカメラに向かって静かに語る大世選手。なぜ日本代表ではなく、北朝鮮代表を選んだのか? カメラはW杯予選を突破していく姿をとらえながら、彼の抱く葛藤や矛盾を映し出していく。

 監督はテセ選手と同じ在日コリアン3世の映像ディレクター、姜成明(カン・ナリアキ)。いっさいのナレーションを排除した本作について「鄭大世のある時期を記録したという感覚が強い。観る人にいろんな捉え方をしてもらいたかったので、彼の表情や言葉だけで描いた。だから意味がわからない部分があるかもしれないけど、明確な答えのようなものは出せなかったし出したくなかった」と語る。
 
 去る11月15日、平壌で開催された2014年ブラジルW杯アジア3次予選の日朝戦にも出場した大世選手。北朝鮮が0対1で日本に勝利したが、大世選手の「この地で日本に負けるわけにはいかない」という意気込みとともに、「君が代」斉唱中の大ブーイングに対しツィッターで心痛をつぶやく複雑な心境が報道された。この映画をとおし、日本・韓国・北朝鮮の狭間で生きる若きストライカーの思いを、サッカーファンのみならず多くの人に知ってもらいたい。
  
 映画『TESE』は、12月10日(土)より渋谷アップリンクほか、全国順次公開。(編集担当:駒井憲嗣)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2011年12月9日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら