アジアの歌姫と称されるなど人気を集めている歌手、シャリースが14日開催のジャパンツアー初日公演で、MISIAの「Everything」をカバーした。このカバーは、歌を通じて日本への深い愛を届けているシャリースに、日本の名曲をもっと知ってもらおう、とスタートしたカバー企画。

 大手音楽配信サイト「レコチョク」と「music.jp」による初の合同企画「I LOVE COVER」キャンペーンの一環として、先月1日より日本最大級のソーシャル・ネットワーキングサービス(SNS)「mixi」内に特設ページを開設。シャリースにカバーしてほしい日本の名曲リクエストを広く募集した。

 多くのリクエスト曲の中から、シャリース本人とスタッフが検討を重ね選んだのは、2000年10月にリリースされた大ヒットバラード曲、MISIAの「Everything」。この曲は2000年代の女性アーティストのシングルとしては最大のヒット曲であり、実際に今回のリクエスト投票でも最も得票が多く、この曲を聴いたシャリースもすぐに納得し決定した楽曲だった。

 シャリースは、3月14日に渋谷公会堂で行われた、2度目のワンマン・ジャパン・ツアー「ACUVUE presents CHARICE “INFINITY” JAPAN TOUR 2012」の初日公演で、この「Everything」を初披露した。

 自ら手掛けたプロデュースによるオリジナリティ溢れるアレンジと、力強くも伸びやかな声で感情豊かに表現された「Everything」に、会場を埋め尽くした2000人のファンからは大歓声が上がった。