家電業は大量リストラ、小売業は新規雇用拡大

 <中国証券報>25日までに年間収支報告書を発表した上場企業750社のうち、昨年従業員のリストラを実施した企業は227社、リストラの対象となった従業員の総数は約9万人だった。このうち大幅に人員削減を実施した102社は、計8万5400人をリストラした。各業界のうち、リストラが最も厳しく行われたのは家電業界だった。中国証券報が伝えた。

 業務の見直しや業界全体の不景気などの理由で、従業員の一部をリストラした上場企業もあったが、全体的に見ると、上場企業は雇用の創出にかなり貢献した。統計データによると、25日の時点で、IPOや裏口上場を除き、中国A株市場に上場している500社が新規雇用した従業員は41万6300人。

 雇用の創出にとりわけ貢献したのは小売業界だった。関連企業各社の収支報告書を見ると、ほぼ全ての小売業上場企業は昨年、従業員を増員した。(編集担当:松本夏穂)
編集部おすすめ
サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク