フィリピンが黄岩島を改名する意向、中国がフィリピンを非難

 フィリピンがこのほど、黄岩島(スカボロー礁)を改名する意向を表明し、中国とかかわりのある黄岩島のすべての標識を撤去する意向を示したことについて、中国外交部の洪磊報道官は7日、「フィリピン側の黄岩島に対するいかなる行動も不法、かつ無効である。黄岩島が中国の領土であるという事実を変えることはできない」と主張した。

 洪報道官は「黄岩島は中国の固有の領土である。中国は黄岩島に対して争う余地のない主権を有している。しかし外交的ルートを通じて、当面の情勢を解決するという中国の立場が変わっていない」として、外交的ルートによる解決をフィリピン側に強く求めた。(編集担当:村山健二)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2012年5月8日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。