日韓軍事協定に立ちはだかる壁とは(2)=中国メディア

 金寛鎮(キム・グァンジン)韓国国防相は5月末に予定されていた訪日を中止した。これにより、防衛機密保全の規則を定める「軍事情報包括保護協定(GSOMIA)」および食料や燃料を相互に融通しあう「物品役務相互提供協定(ACSA)」の日韓間の締結が見送られることになった。米国の国防戦略がアジア太平洋地域に向けられた今、韓国と日本が軍事的な関係を深めようとすれば、さまざまな憶測が飛び交うこと必至で、同協定が締結されるためには数々の高いハードルが存在する。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

 だが、同協定は、非常にデリケートな性質のものであるため、ニュースが報道されるや否や、反対の声が韓国国内で高まっており、締結までの道のりは遠く、そして険しいようだ。

 張〓瑰(〓は王へんに「連」)教授は「日本は侵略戦争に対しての反省を見せておらず、慰安婦問題も解決できていないことから、韓国国民の疑惑や反感を買っている。北朝鮮に対する懸念よりも日本に対する不信感の方がはるかに強い。

 日本との軍事協定に対し、韓国国民の反対の声は当然と言えよう。また、野党は日韓軍事協定を結べば北朝鮮を刺激することになる、との懸念を示している」と主張した。

 韓国国民の反対の声は、実は日本の武装化への危惧(きぐ)のほうが強い。近年、日本では防衛庁が防衛省に昇格し、自衛隊を平和維持活動へ参加させ、護衛艦を出すなどの行為を行っている。平和憲法の原則は徐々に守られなくなっており、非武装国家の道から離れていっている。2協定が締結されれば、その境界線はさらに広げられることになる。日本国民も、韓国などの日本の近隣諸国の国民もみな、このことに対する警戒心を抱いているのだ。(つづく 編集担当:米原裕子)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2012年6月2日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。