HSBC、米国で人民元建て固定収益ファンドを設立

 香港上海銀行(HSBC)は13日、米国で人民元建て固定収益共同ファンドの「匯豊人民元建て固定収益ファンド」の設立を発表した。同ファンドは米国投資家への機会提供を目的とし、主にオフショア市場の人民元建て固定収益商品(債券、預金を含む)に投資する。点心債(ディムサム・ボンド)が好調するなど急成長しつつあるオフショア人民元市場のチャンスを活かすと同時に、人民元の価値上昇による潜在的な利益を狙う。14日付中国証券報が伝えた。

 HSBCから提供された情報によると、人民元オフショア市場が人民元国際化の推進に伴い急拡大しており、市場規模は2730億元に達している。また同市場の拡大に伴い、関連投資商品の魅力が高まっている。人民元建て固定収益商品(債券含む)が世界の資産に占める比率が、将来的に上昇を続けると見られる。(編集担当:陳建民)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2012年6月14日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。