矢野顕子、ライブベスト盤発売 縦横無尽の演奏力を見せつける

矢野顕子、ライブベスト盤発売 縦横無尽の演奏力を見せつける
レイ・ハラカミとのエレクトロユニットyanokamiとしてリリースした『遠くは近い』から8カ月、ソロとしては2010年の『音楽堂』以来2年半ぶりとなる矢野顕子のライブベストアルバムがリリースされる。<br>(サーチナ&CNSPHOTO)
 レイ・ハラカミとのエレクトロユニットyanokamiとしてリリースした『遠くは近い』から8カ月、ソロとしては2010年の『音楽堂』以来2年半ぶりとなる矢野顕子のライブベストアルバムがリリースされる。新作「荒野の呼び声 -東京録音-」は、近年のブルーノートやNHKホールなどで行われたライブの中から選りすぐりの楽曲を収録したライブベスト盤である。

 矢野のライブの素晴らしさを伝える決定版として企画された本作は、2009年・2010年のブルーノート公演、2009年NHKホール(東京)の「さとがえるコンサート」、2010年の鎌倉芸術館よりのベストセレクト11曲に、2012年4月にニューヨークのスタジオで収録された新曲1曲を加えた全12曲入りで、2012年8月8日に発売が決定した。アルバムタイトルは「荒野の呼び声 -東京録音-」、スタジオ録音メインのオリジナルアルバムとは一味違う、矢野さんのライブパフォーマンス、グルーヴ感を堪能できる1枚。

 収録されるライブ録音では、矢野自身のアドリブ感あふれるボーカル・ピアノはもちろんのこと、豪華ミュージシャンとの共演も話題。ブルーノート録音ではおなじみの矢野トリオでの演奏、ベース&ボーカルでウィル・リー、ドラムはクリス・パーカー。ウィルはデヴィッド・サンボーン、B.B.キング、スティーリー・ダン等と共演を重ねたベーシスト/シンガーで、今作に収録されるラスカルズのカバー「People Got to Be Free」やキンクスの「You Really Got Me」では力強いボーカルを披露している。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2012年6月14日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら