新興国のソフトパワー指数 中国が1位に選出される

 アーンスト・アンド・ヤングがこのほど発表した「急成長市場ソフトパワー指数」で中国は1位に選出された。2位から5位は順にインド、ロシア、ブラジル、トルコ。上位20国の多くが東欧の国で、うちウクライナは13位だった。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

 ソフトパワー指数は、世界的イメージ、世界的健全性、世界的一体性の3つのカテゴリーに分類された13個のソフトパワー変数によって測定される。一部の変数の採用可能なデータは限られているため、2005-2010年の5年間のデータだけが使用される。(編集担当:米原裕子)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2012年6月20日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら