中国エコカー計画発表 2020年までの主要目標

 中国政府網は9日、「省エネ・新エネ車産業発展計画(2012―2020年)」を発表した。同計画によると、純電気自動車およびプラグインハイブリッド車の生産販売台数が、2015年までに計50万台に達することになる。純電気自動車およびプラグインハイブリッド車の生産能力は2020年までに200万台に、生産販売台数が計500万台以上に達する。また燃料電池自動車、水素エネルギー産業を、世界と同時に発展させる。10日付中国証券報が伝えた。

 同計画によると、2015年に生産される乗用車の燃費を平均で100キロ当たり6.9リットルに、エコカーの燃費を100キロ当たり5.9リットルに低下させる。2020年に生産される乗用車の燃費を平均で100キロ当たり5.0リットルに、エコカーの燃費を100キロ当たり4.5リットルに低下させる。また2020年の新型商用車の燃費水準を、世界先進水準に近づける。

 同計画の定めた主要目標には他にも、新エネルギー車、動力電池およびその他のコア部品技術を世界先進水準に達し、ハイブリッド技術、先進的な内燃機関、高効率トランスミッション、自動車電子機器、軽量化材料等のコア技術を掌握し、いくつかの強い競争力を持つ省エネ・新エネ自動車企業が現れるという内容が含まれる。

 同計画は、業界が注目する新エネルギー車技術路線を明確に示した。純電気駆動を新エネルギー車の発展、および自動車産業のモデルチェンジの主要戦略とする。当面、純電気自動車およびプラグインハイブリッド車の産業化を重点的に推進し、非プラグインのハイブリッドカー、内燃機関を用いる省エネタイプの自動車を普及させ、中国自動車産業の全体的な技術水準を高める。(編集担当:陳建民)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2012年7月10日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら