中国が東シナ海で実弾演習 韓国メディア「日本への警告」(1)

 中国人民解放軍が東シナ海で10日から5日間の日程で実弾演習を実施するという情報が大きな注目を集めている。韓国メディアは、中国の東シナ海での演習は日本に対する警告だと分析し、韓国紙『文化日報』は9日、中国の領海争いにおける戦略は「東南アジア諸国連合ASEAN)と和解し、日本と争う」というもので、両地域に対する中国の外交の微妙な違いを示すと論じた。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

 シンガポールの華字紙『聯合早報』によると、中国海軍が東シナ海海域で演習を行うことは珍しいことではない。米韓の黄海での合同演習に対応し、2010年6月30日から7月5日にかけて舟山から台州以東の東シナ海海域で実弾射撃訓練を実施したこともある。

 これまでの軍事演習と比べると、今回は演習の範囲が拡大したが、近ごろ関心が高まっている黄岩島(スカボロー礁)や尖閣諸島(中国名:釣魚島)からはかなりの距離があり、争いのある海域ではない。

 韓国紙『中央日報』は9日、「尖閣諸島の国有化を望む日本、実弾演習を実施する中国」という見出しで、中国の今回の東シナ海での演習は日本に対する警告だと見られていることを伝えた。

 『文化日報』は解放軍の東シナ海での演習について、中国は領海争いにおいて「ASEANと和解し、日本と争う」という戦略をとっていると報じた。海上での領有権争いのあるフィリピンやベトナムなどのASEAN諸国に対して平和的な解決という原則を何度も強調する一方で、日本に対しては「あらゆる必要な手段を採る」という強硬な姿勢を示している。(続)(編集担当:米原裕子)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 韓国メディア 日本
  2. 韓国メディア 日本代表
サーチナの記事をもっと見る 2012年7月10日の中国記事

「韓国メディア + 日本」のおすすめ記事

「韓国メディア + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

「韓国メディア + 日本代表」のおすすめ記事

「韓国メディア + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら