日本に2大政党制は時期尚早、行き着く先には何があるか(1)

 中国網日本語版(チャイナネット)によると、中国社会科学院日本研究所の〓中鵬(〓は广に「龍」)氏はこのほど、「迷走する日本の政治 行き着く先には何があるか」と論じた。以下は同氏の発言より。

 民主党が政権与党となってからわずか3年で、かくも容易に崩壊しようとは、誰が予想しただろうか。中国には、「天下を取るのはたやすいが、天下を治めるのは難しい」ということわざがあるが、まさにその通りである。

 当時の民主党はまだ有力な党とは言えなかったが、小沢氏らの入党により、その後の発展の基礎が築かれた。民主党に所属していた6年間(2003?2009年)は、小沢氏の政治生涯にとってもっとも充実した時期であった。

 2009年9月に民主党が内閣を設立すると、日本は英国や米国のような二大政党制の時代を迎えると予想された。しかし日本の現状を見ると、このような議論は時期尚早である。

 まず、日本の政治は現在も成熟していない。終戦から今年で67年になるが、日本は帆を失った船のように海上を目的なく漂流している。その船では多くの乗客が口を出しあい、中身の無い空論をいつまでも続けている。(続)(編集担当:米原裕子)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2012年7月10日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら