外務次官派遣は日本が領土問題を認めた点で非常に有意義=中国報道

 中国メディア・中国新聞網は25日、尖閣諸島の国有化で緊迫化した日中関係を巡って日本の河相外務事務次官が北京を訪れ、中国の張志軍筆頭外務次官と会談したことについて専門家が「非常に有意義だ」と解説したことを伝えた。

 中国国際問題研究所の曲星所長は中国のラジオニュースの中で、日本側が特使を派遣したことについて「非常に有意義なことだと思っている」とコメント、中国側による断固たる態度によって、日本政府がこれまで繰り返してきた「尖閣諸島に領土問題は存在しない」という立場を覆し「領土問題にかんする一連の協議が始まるという点で、大きな意味がある」と指摘した。

 曲所長はまた会談の内容について「これまでと同じような話をするのであれば来る必要はない」とし、尖閣諸島問題はすでに以前の状態に戻すことはできないという現実を踏まえて会談に臨むことを要求した。そのうえで、双方が新たな方法をどのように模索していくかが「非常に重要だ」と論じた。(編集担当:柳川俊之)

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2012年9月25日の中国記事

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュース

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。