上海総合指数一時2000P割れ 終値は44月ぶり低水準

 中国株式市場で26日、上海総合指数が下げて始まり、始値は2027.86ポイントで、取引期間中は一時2000ポイントを下回る1999.48ポイントを付け、終値は2004.17ポイントで、下落幅は1.24%。同日の上海総合指数の終値は、44カ月ぶりの低水準となった。深セン成分指数は8193.37ポイントで引け、下落幅は1.10%だった。深セン成分指数の終値は、42カ月ぶりの低水準となった。27日付中国証券報が伝えた。

 2000年7月26日、上海総合指数が初めて2000ポイントを突破した。2012年に入って、上海総合指数と深セン成分指数の下げ幅がいずれも8%を上回っており、A株市場の2012年の下げ幅は世界で最も大きいものとなった。(編集担当:陳建民)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 深セン 観光
サーチナの記事をもっと見る 2012年9月27日の中国記事

「深セン + 観光」のおすすめ記事

「深セン + 観光」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。