中国東北部の東部鉄道が全線開通、全長1380キロに

 中国東北部の遼寧省丹東市と吉林省通化市を結ぶ鉄道(通灌鉄道)が26日に開通し、東北東部鉄道の全線が開通した。東北東部鉄道は北朝鮮およびロシアとの国境に隣接しており、全長は1380キロだ。中国国際放送局が報じた。

 同鉄道は北東アジアの重要な交通ルートとなり、路線は遼寧省大連市のほか吉林省、黒龍江省までをつなぐ。関係筋によれば、東北東部鉄道は年間で216万人の乗客を輸送し、貨物輸送量は1600万トンになる計画だ。(編集担当:村山健二)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2012年9月27日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。