中国最高指導部、中台の両岸関係は新たな段階に突入と発言

 中華人民共和国成立63周年を記念するため、全国政治協商会議、中国共産党中央統一戦線部、国務院華僑弁公室、国務院香港マカオ弁公室、国務院台湾弁公室は28日夜、人民大会堂で国慶節招待会を開催し、全国政治協商会議の賈慶林議長は「現在、両岸関係の平和発展は、創始期から深化の新しい段階に入った」と述べた。中国国際放送局が報じた。

 賈慶林議長は、「ここ数年、両岸関係は歴史的な転換を実現し、平和発展の理念は人びとの支持を得てきた。台湾独立に反対し、『九二共識』で確認された政治基盤は絶えず強固になってきた。両岸の協議と交渉による豊かな成果は、両岸交流の制度化を推進し、両岸の人びとや民間各界の全方位、広い分野、さまざまなレベルにおける交流の構造ができてきた」と述べた。

 賈議長はさらに、「香港、マカオが祖国に復帰した後、『一国二制度』の実践は大きな成功を収めた。中国政府は、『一国二制度』、『香港は香港人が治める』、『マカオはマカオ人が治める』、高度の自治の方針を断固として堅持し、特別行政区基本法に従い、2つの特別行政区行政長官を今までどおりに支持し、中国と香港、マカオの各分野における交流と協力を深めていく」と述べた。(編集担当:村山健二)

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2012年9月29日の中国記事

次に読みたい関連記事「行政」のニュース

次に読みたい関連記事「行政」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら