中国、「日本の共通認識打破の企みが関係悪化の根源」

 日中国交正常化40周年の記念日にあたる29日を前に、中国外交部の洪磊報道官は28日、日本に対して「中国の領土主権を侵犯するすべての行動を停止し、日中関係を健全な発展の軌道に戻すよう」求めた。中国国際放送局が報じた。

 洪磊報道官は「今年は中日国交正常化40周年で、両国関係の発展のきっかけになるはずだった。しかし、多くの計画は日本の釣魚島(尖閣諸島の中国側呼称)の不法購入により破壊され、われわれの望まない事態になった。日本は間違いを正し、中国の領土主権を侵犯するすべての行動を取り消し、中日関係を健全な発展の軌道に戻すよう期待する」と述べた。

 さらに、「中国は釣魚島問題の棚上げという立場を引き続き堅持していくか」という記者からの質問に対して、洪磊報道官は「深刻化した中日関係は日本側の『国有化』行動によるもので、その責任はすべて日本にある。今回の問題の根源は、中日双方の既存の共通認識と了解を日本が打ち破ろうとしたことにある」と主張した。

 洪磊報道官はまた、「中国は釣魚島問題における立場が変わっておらず、一貫して対話による問題解決を主張している」と強調した。(編集担当:村山健二)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 尖閣諸島 中国
サーチナの記事をもっと見る 2012年9月29日の中国記事

「尖閣諸島 + 中国」のおすすめ記事

「尖閣諸島 + 中国」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「尖閣諸島」のニュース

次に読みたい関連記事「尖閣諸島」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら