第4四半期、中国の鉄道投資が加速化

 第4四半期に入って以来、多くの地方政府が次々と投資計画を発表しており、中でも鉄道建設関連の投資が注目を集めている。中国鉄道部が管理権限を徐々に地方政府に移譲していることを受け、鉄道建設に対する投資が第4四半期に伸びることが期待できる。18日付中国証券報が伝えた。

 10月16日、湖南省岳陽市で開かれた鉄道建設に関する座談会で、国務委員兼国務院秘書長の馬凱氏は、2012年の鉄道投資建設計画が確実に達成されることを目指すと強調した。2012年、中国の鉄道関連の固定資産投資総額の目標は6300億元、そのうち基盤施設整備向け投資額は5160億元となっている。したがって、投資計画額と投資完成額に基づいて計算すると、第4四半期の鉄道関連の固定資産投資総額は2858億5000万元に、そのうち基盤施設整備向け投資額は2239億5000万元に達することになる。(編集担当:陳建民)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2012年10月18日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。