HAKAIHAYABUSA、国内最後の野外フェスでデビュー発表

HAKAIHAYABUSA、国内最後の野外フェスでデビュー発表
日本で最後の野外フェス「残波JAM2012」が11月17日・18日、沖縄県読谷村の残波岬公園特設会場で開催。<br>(サーチナ)
 日本で最後の野外フェス「残波JAM2012」が11月17日・18日、沖縄県読谷村の残波岬公園特設会場で開催。UA、喜納昌吉、三宅洋平ら多くのアーティストが参加し、最後の夏フェスを精一杯楽しもうと各地からファンが集結した。

 その初日に登場したHAKAIHAYABUSA(ハカイハヤブサ)は、日本を代表するアメリカ西海岸シーンを長年にわたって牽引し続け、インディーズシーン時代も”和製レッチリ”とまで言われてきた実力派バンド。この日は全11曲を演奏し、完成したばかりの新曲「ONE BIG FAMILY」を初披露。ユニバーサルミュージックよりメジャーデビューすることを、ボーカルのKZから会場のファンに明かした。

 「沖縄に連続五年間出演をしつづけてこれたのも大好きな仲間のおかげです。ここまでこれたのも沢山の人の支えがあったから。皆への恩返しはもっと沢山の人へ届けることだと思っています。もっと沢山の人に届くよう今まで以上に頑張って行きます」

 結成から約10年を走り続けてきた彼らが、遂に来年2013年1月30日にデビューミニアルバム「As Always」を発売する。この作品はこれまでお世話になってきた仲間や家族への感謝の気持ちを込めて、そして、これから新たな意気込みで向かっていく、強い決意と願いを綴った、まさにハカイハヤブサ史上最高傑作の作品。

 そして今作ではロサンゼルスで誕生した世界的なサングラスブランドで圧倒的な地位を確立している「BLACK FLYS」、様々なアーティストと共に成長し続けているカリフォルニア発のブランド「SeedleSs」、TOKYOとLAを拠点に展開するドメスティックブランド「CRIMIE」の3ストリートブランドが初コラボレーション。それぞれのブランドが制作したオリジナルのバンダナをCDパッケージにランダム封入して販売され、新たな試みとして注目されている。(編集担当:武田雄樹)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2012年11月20日の韓流記事

新着トピックス

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。