“マヤ予言”…金曜「終末説」で便乗商法、ノアの方舟乗船券も

       
 中国で「古代マヤに2012年12月21日に人類が滅亡するとの予言があった」という噂が、ますますエスカレートしている。一方で、便乗商法も“花盛り”だ。中南財経政法大学武漢学院で法律を専攻する学生、張振威さんは「2012年ノアの方舟中国号乗船券」を発売した。長江網などが報じた。

 価格は1枚15元(約199円)。張さんによると、乗船券だけでなく、ケースや認定書などもついており、1枚当たりのコストは10元程度。「ボロ儲け」といえるほどではない。また、カップルでの購入や団体購入では1枚あたり3元値引くという。

 発売は11日で、同日午前中だけで40人から申し込みがあった。今後も順調に販売できる見通しだ。

 張さんによると、映画「ノアの方舟」を見たことでひらめいたアイデアという。購入した乗船券などは、記念品にしてほしいと考えている。張さんの同級生らも「世界の最後の日を信じているわけではないが、自分が愛する人と一緒に方舟に乗れるという、ふたりを祝福する乗船券であり、よい記念になる」などと述べた。

 中国では12月になり“マヤ予言”が関心を集めると同時に、さまざまな“関連商品”が売り出された。「最後の日ジーンズ」、「最後の日美顔パック」、「最後の日プーアル茶」、「最後の日、観光ツアー」で、人類滅亡とどのような関係があるかは不明だ。(編集担当:如月隼人)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年12月13日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。