4歳男児がマンション16階から転落、12時間かけ救命=重慶

 重慶市内で12日未明、4歳男児がマンション16階の自室から転落した。発見が遅れたが、搬送先の病院で全身に及ぶ手術など12時間にわたる治療をおこなった結果、一命を取り留める見込みとなった。中国新聞社が報じた。
 4歳男児は11日夜、リビングルームで遊んでいて、そのままソファで眠ってしまった。両親は、起こしてベッドに連れて行くのもかわいそうだと思い、そのまま寝かしておいた。

 母親は翌12日午前3時ごろ、ソファの上に男の子がいないことに気づいた。家の外に出た形跡もないので、両親で外に出て探したところ、男の子は建物3階部分のベランダで、全身が血だらけになって意識を失って倒れていた。

 男児はただちに、市内の児童病院に搬送された。主治医を務めた傅躍先教授(主任医師)によると、男児はショック症状を起こしていた。傅教授は整形外科、神経外科、心臓血管外科、肝臓外科、皮膚科の専門医を非常招集した。

 集まった専門医に検査の結果が告げられた。男児は失血性ショック、全身骨折、全身の挫傷、肺の挫傷による気胸、腹腔(ふくこう)内損傷、頭蓋骨損傷などで、重篤な状態だった。専門医らは、ただちに手術に取りかかった。男児は約12時間後にショック状態から抜け出すことができた。生体反応も平穏を取り戻し、一命を取り留める見通しが立ったという。

 転落するまでの経緯や、転落の状況は伝えられていない。傅教授は、「16階という高さから3階まで転落して助かった例は、極めて少ない。おそらく転落の途中で何か障害物にあたって減速されたのだろう。そうでなければ、生存の確率はほとんどゼロだ」と説明した。(編集担当:如月隼人)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2012年12月13日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら