中国、宇宙飛行機「神龍」の試験を実施か(2)=米紙

 北朝鮮が事実上の長距離弾道ミサイルを発射する数時間前に米国のケープ・カナベラルで機密飛行が実施された。米国の各メディアは、米空軍の軌道試験機「X―37B」が、米国東部時間11日正午に「アトラス―5」ロケットにより打ち上げられ、3回目の試験航行を開始したと伝えた。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

**********

 海外メディアはX―37Bに対して、「宇宙飛行機」と通俗的な名称を与えている(宇宙専門家は、この名称は正確性が欠けていると指摘)。この宇宙船に似た無人機は、大気圏を何度も通過することが可能で、自ら着陸することも可能だ。

 ■機密飛行 海外の反応

 米ハフィントン・ポストは11月、中国メディアの情報として、「中国の宇宙飛行機『神龍』が2011年に試験を実施した」と伝え、宇宙飛行機「神龍」の試験を中国のX―37Bに対する反応であると報じた。

 同記事によると、中国の「神龍」は外観がX―37Bに似ているが、全長と性能の面で劣っているという。記事は、「中国が実際に使用できる実験機を生産するまで、あと数年かかるが、中国の実験は予想されているよりも早く中国が宇宙飛行機の時代に突入する可能性を示している。X―37Bは、米国がポスト宇宙飛行機時代に宇宙の覇権を掌握したことを示しており、『神龍』は、中国が依然として米国の圧倒的な科学技術に戦いを挑もうとしていることを示している」と指摘した。

 中国の空軍専門家の王明志氏は、「米国は現在、宇宙飛行機のプロジェクト数が最多かつ、技術水準も最高の国だ。米軍の透明度とは相対的なものであり、もっとも発展の潜在力を持つプロジェクトに対して、アメリカは機密を守っている」と語った。(完結)(編集担当:米原裕子)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2012年12月17日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら