中国、ウガンダ反政府勢力「神の抵抗軍」への対応を呼びかけ

 中国の王民国連次席大使は18日ニューヨークの国連本部で、ウガンダ反政府武装勢力『神の抵抗軍』が多くの国で乱を起こしていることを強く非難するとともに、「国際社会が協調しながら対応すべきだ」と述べた。中国国際放送局が報じた。

 国連安保理は同日、国連中部アフリカ地区駐在事務局の活動と『神の抵抗軍』問題についての会議を開催し、王次席大使は、「同地域の国々が協力を強化し、威嚇と挑戦に共同で対応することを支持すると同時に、国際社会がこれからも中部アフリカ地区に注目し、この地域の国々の主権を尊重し、切実な支援を提供していくべきだ」と述べた。(編集担当:村山健二)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2012年12月19日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら