中国語できる朴槿恵氏に、中韓関係発展を期待=中国メディア

 韓国大統領選挙で朴槿恵(パク・クネ)氏が当選したことについて、中国国営新華社通信は19日、中国語に精通した朴氏が中韓関係に新たな発展をチャンスをもたらすことを期待する評論記事を掲載した。

 記事は、選挙期間中に朴氏が中国の発展と米国のアジア政策は「衝突しない」と語り、米韓同盟を保ちつつ、中国との戦略的パートナーシップを深める意向を示したこと、自国経済振興のためにも中国とのさらなる協力が必要であると語ったことを紹介した。

 記事は、「中韓両国には歴史問題、漁業問題、そして脱北者問題などで意見の相違があり、両国の協力や理解を深め、友好的な観点から実に即して問題を処理する必要がある」とするとともに、複雑な世界経済の情勢において中韓や日中韓の自由貿易協定(FTA)を推進し、友好のどだいを広げるうえで「まさにその時だ、と言える」と論じた。

 そして、まもなく聞こえる新年の鐘とともに、中韓関係が新たな発展のスタートラインに立ち、地域の平和安定や繁栄、発展に新たな貢献を生み出すことに期待を寄せた。(編集担当:柳川俊之)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2012年12月20日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。