全国的な濃霧で汚染大気が凝縮 呼吸器患者続出=中国

 中国国内の多くの地域で11日濃い霧が発生して視界が悪くなり、各交通に影響が出た。中国新聞社は12日、濃霧によって待機中の汚染物質が凝縮され、各地で大気汚染を示す数値が「汚染レベル」に上昇するとともに、呼吸器系の異常を訴える多くの市民が病院で診察を受けたことを伝えた。

 記事は、河北省の大気情報発表システムが現地時間11日16日に同省内の11市について「重度汚染」を示したほか、天津市でも同日夜、17カ所の観測所のうち16カ所で「重度汚染」に相当する汚染指数を記録したことを伝えた。また、湖北省武漢市や四川省成都市でも濃霧を原因とした大気汚染にかんする情報が発表されたことを紹介した。

 記事はまた、濃霧による大気汚染が原因で「呼吸器系患者の数が増加した」とし、河南省や武漢市、成都市などの病院の状況を伝えるとともに、「霧の濃い早朝の運動は避け、有害物質の濃度が比較的低い日中に行うこと」「屋外作業者や外出する市民はマスクをし、高齢者や児童はなるべく外に出ないように」など気象専門家や医師が呼びかけたことを紹介した。

 河北平原や四川盆地など、中国の東部中部地域ではしばらく濃霧が多発する時期が続くという。(編集担当:柳川俊之)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2013年1月12日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら