わが国は米国の武力介入に警戒しなければならない(1)=中国

 中国社会科学院栄誉学部委員の馮昭奎氏はこのほど、尖閣諸島(中国名:尖閣諸島)問題を巡る日中の対立で、中国は米国の武力介入に警戒しなければならないと主張した。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。以下は同記事より。

**********

 安倍首相は最近、「特使派遣」や「親書」など一連の外交行動に出たが、それは重要なことではない。われわれにとってもっとも重要な実際問題は、米国が尖閣諸島(中国名:釣魚島)問題に武力介入する可能性を判断することだ。

 中国と日本の軍用機が尖閣諸島空域で衝突する可能性が高まるなど、尖閣諸島問題が局部戦争に発展する可能性が日増しに顕著(けんちょ)になってきている。日中両国は軍事対立に向かって一気に滑り出す岐路(きろ)に立っている可能性が高い。

 尖閣諸島問題は日中間の「一対一」の主権争いだが、軍事対立に発展すれば、米国や日本と連携する南シナ海の領有権主張国など別の要素が絡み、複雑さがかなり増す。日本が強硬な態度で中国を刺激し、緊張関係をエスカレートさせる一方、米国は日本よりの立場に偏ってきている。

 こうした状況に対し、中国は「日中の開戦は見たくない」という米国が放つ煙幕弾に惑わされてはならない。尖閣諸島をめぐる問題が軍事対立に発展した場合、米国は中国をけん制するチャンスの誘惑に勝てず、離島戦を中国の発展に終止符を打つチャンスと判断する可能性が高い。(つづく)(編集担当:米原裕子)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 尖閣諸島 中国
サーチナの記事をもっと見る 2013年1月31日の中国記事

「尖閣諸島 + 中国」のおすすめ記事

「尖閣諸島 + 中国」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「尖閣諸島」のニュース

次に読みたい関連記事「尖閣諸島」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら