香港ドル軟調 ホットマネーの香港離れを反映

 先週、香港ドルは軟調に推移し、一時1米ドル=7.76香港ドルの最安値をつけ、7カ月ぶりの低水準となった。香港ドルレートも香港金融当局が定めた1米ドル=7.75香港ドルの香港ドル売り介入の水準から更に離れた。招商証券(香港)は「香港ドルレートが香港ドル売り介入の水準から離れている状態が3週間続いているのは、国際資本が香港から流出していることを示すものである」との見方を示した。31日付中国証券報が伝えた。

 これに対し、香港市場の関係者は大方、「一部の収益を上げた資金が市場から撤退しているからであり、香港株の続伸に影響を及ぼすことはない」と見ている。郡益証券(香港)研究部の曽永堅取締役は「この頃、アメリカと中国のいずれのデータも、中国経済が安定した回復に向かっていることを示している。そのことを受け、市場では、中国資本の企業の収益力が底打ちして上昇に転じるとの見方が強まっている。香港株式市場のこの度の調整は、いち早く収益を上げた資金の短期的な利食いを反映している」との見方を示している。(編集担当:陳建民)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2013年1月31日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら