日米中の互恵関係はいかに構築すべきか(2)=中国報道

 日米中の連携および3カ国関係の安定は、アジア太平洋情勢の安定にとって極めて重要だが、近年は3カ国の関係に著しい不均衡が生じている。これは3カ国の利益に合致しないばかりか、地域の平和・発展にとっても不利である。このような状態に陥った原因は複雑だが、中国の台頭、米国の世界戦略調整という2点が特に際立っている。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。以下は同記事より。

**********

 米中・日中はシンクタンクを通じ、深刻化する戦略的食い違いに関する協議を実施することができる。中国脅威論、日本の軍国主義復活、米国の中国包囲網は議論する必要がある。少なくとも現状を見る限り、これらには誤解・誤判断が存在する。これは3カ国の指導者および識者が警戒すべきことだ。

 効果的に稼働する日米中関係を構築するため、3カ国間の安全協議を進めるべきであり、条件が熟する前に非公式の対話を行っても良い。日米中はこのような対話枠組みの構築を積極的に提案したことがあるが、残念ながら最終的に実現には至らなかった。

 3カ国の対話は連携構築を中心とし、安定的かつバランスのとれた関係構築を方針とするべきだ。対立せず敵視せず、互いに尊重し、共同の利益を獲得するという新型大国関係を共通の目標とする。

 ここで重要なのは、日米が敵国を求めようとする伝統的な同盟国間の思考回路から脱却し、同盟関係の強化により中国に対応しようとする手法を改めることだ。

 中国は近年、NATOと対話・接触を実施している。日米中安全対話の成功は、日米同盟のモデルチェンジを促し、中国と日米の軍事同盟に向けた対話・接触・提携の希望の窓を開くだろう。(完結)(編集担当:米原裕子)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2013年2月14日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら