習近平氏が中国国家主席に就任、対日政策は不透明

習近平氏が中国国家主席に就任、対日政策は不透明
 北京で開かれていた全国人民代表大会(=全人代、日本の国会に相当)は14日、中国共産党トップの習近平総書記を国家主席に選出した。対日政策などについては、不透明な面も多い。(写真は「CNSPHOTO」提供)<br><br>【関連記事・情報】<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0123&f=politics_0123_004.shtml">江沢民前主席が「自分を特別扱いせぬように」…共産党に申し出</a>(2013/01/23)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=1225&f=politics_1225_005.shtml">中国で習近平絶賛の報道が続々、家族含め「好ましい人物像」強調</a>(2012/12/25)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=1204&f=national_1204_016.shtml">中国で風刺ジョーク…新指導者には「うそ言い放題」の資質あり</a>(2012/12/04)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=1115&f=politics_1115_004.shtml">中国の新指導陣が決定…中国共産党常務委員「チャイナセブン」</a>(2012/11/15)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=1115&f=politics_1115_003.shtml">中国の新指導者、習近平氏に決定=共産党総書記に</a>(2012/11/15)<br>"(サーチナ)
 北京で開かれていた全国人民代表大会(=全人代、日本の国会に相当)は14日、中国共産党トップの習近平総書記を国家主席と中華人民共和国中央軍事委員会主席に選出した。(写真は「CNSPHOTO」提供)

 習近平氏は2008年に国家副主席に選出されたことなどで、中国の次期政権担当者として本命視されるようになった。12年秋に共産党総書記と中央軍事委員会主席に選出され、さらに今回の全人代で国家主席に選出された。習氏は中国最高権力者としての「3点セット」をすべて手に入れたことになる。

 習近平氏は1953年の生まれ。父親は中国共産党中央宣伝部部長、国務院秘書長などを務めた習仲勲氏。父親が国家幹部だったため、いわゆる「太子党」のひとりとされることもあるが、「二世政治家が結束しているのかどうか」などの疑問もあり、太子党のグループとしての実情は不明だ。同じく太子党の代表のひとりとされた薄熙来は2012年に「汚職」絡みの問題で失脚した。

 習近平氏の場合、単に共産党長老の息子というだけではなく、文革時代に父親とともに迫害を受け下放(地方への事実上の追放)された経験があり、その後は地方の共産党幹部・行政官として実績を積み上げてきた点が評価されたとされる。

 胡錦濤前主席(党総書記、中央軍事委員会主席)は当初、「子飼い」ともいえる共産主義青年団(共青団)出身の李克強氏を次期トップにすえようと考えていたとされる。08年時点で習近平氏に「逆転」されたのは、習氏に軍幹部や共産党内の強い支持が集まったからとみられる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2013年3月14日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら