中国の天然ガス発電設備需要、今後数年で150億元に

 中国華能集団、中国華電集団など中国の5大電力グループが、天津市における天然ガス発電プロジェクトに一層力を入れる方針であることが先般、明らかになった。天津市の計画では、2015年までに、同市での5つの天然ガス発電プロジェクトの完成が目指されている。14日付中国証券報が伝えた。

 天然ガスの中国の一次エネルギー消費量に占める割合が絶えず拡大しており、クリーンで環境に優しい天然ガス発電のメリットもますます認識されるようになった。2012年末以来、政府関係部門が相次いで天然ガス発電支援政策を打ち出している。

 業界関係者は、「十二・五(第12次五カ年計画、2011―2015年)期に、天然ガス発電が黄金期を迎え、天然ガス発電所の大規模建設によるガスタービン、排熱回収ボイラの需要が150億元前後になると見られる。関連上場企業も利益を受けることになる」との見方を示している。(編集担当:陳建民)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2013年3月14日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら