日本のメタンハイドレート開発は楽観的すぎる(1)=中国専門家

 日本は12日、愛知県沖の深海地層にあるメタンハイドレートから天然ガスの採取に成功し、世界で初めて海底メタンハイドレートの掘削技術を獲得した国になった。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

 メタンハイドレートは日本近海に広く分布し、日本が使用する天然ガス消費量の100年分の埋蔵量があるとも言われる。日本は2018年までに技術を完成させ、大規模な商業ベースでの生産を実現する構えだ。日本が海底のメタンハイドレートから天然ガスの採取に成功したことは、世界のエネルギー構造にどのような意味を持つのか。

 中国はメタンハイドレートの掘削技術でどのような進展を得ているのか。中国の海域、陸地にはどれくらいのメタンハイドレートが存在しているのか。メタンハイドレートの詳しい専門家である浙江工業大学の裘俊紅教授を訪ね、注目が集まる問題をぶつけてみた。

 掘削試験は経済産業省の下部組織である石油天然ガス金属鉱物資源機構が実施したものだ。

 同機構は地球深部探査船「ちきゅう号」を使って、愛知県渥美半島沖約1000メートルの海底からさらに330メートル掘り進め、メタンハイドレートの地層に到達し、メタンハイドレートの水分から圧力を下げて水とメタンガスを分離させメタンガスの採取に成功した。この海域で引き続き2週間前後の掘削試験を行い、技術を完成させる予定だ。(つづく)(編集担当:米原裕子)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2013年3月16日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら