中国がモルディブで潜水艦基地を建設するとの噂=インド報道

       
 中国網日本語版(チャイナネット)によれば、インドのニュースサイトIBNLiveは18日、「中国は既存の潜水艦用原子炉を用い、原子力空母を建造しようとしている」とし、モルディブで潜水艦基地を建設する可能性があると伝えた。

 中国船舶工業集団公司がこのほど自社のウェブサイトで発表した文章は、中国が既存の潜水艦用原子炉を基礎とし、原子力空母を建造することに関する議論を巻き起こした。インド海軍は、中国はインド洋に進出するための長期的・持続的な戦略を計画していると見ている。中国の大部分のエネルギー供給は、インド洋を通過しなければならないからだ。

 中国は2008年より準備を始めており、マラッカ海峡に近い南シナ海の海南島に建設した潜水艦基地がすでに稼働を始めている。

 中国がモルディブに圧力をかけ、現地で海軍潜水艦基地の建設を認めさせようとしているという噂(うわさ)が、この数カ月にわたってエスカレートし続けている。20世紀末から現在に至るまで、中国政府はエネルギー戦略を保障し、中国のインド洋における石油輸送の安全を守るため、モルディブ・マラオ島の海軍潜水艦基地の建設を検討してきた。

 中国はまた、スリランカのハンバントタ国際空港の援助を行っている。中国は最近、さらにパキスタンのグワダル港(水深が14メートルに達し、大型船舶の停泊が可能)の運営権を取得した。

 中国海軍問題アナリストのSreekanth Kondapalli氏は、「インドはインド洋で地理的に有利な立場にあるが、インドはインド洋を領海と称することができない。インド洋は航海開放の原則を持つ、世界で3番目に大きな面積を持つ海洋だからだ」と述べた。

 インド海軍の戦略家は、「インドは自国の原子力空母を建造し、東シナ海と南シナ海で中国に対抗すべきだ。また日本や韓国の海軍と同盟関係を結び、中国海軍の大部分にけん制をかけなければならない」と主張した。(編集担当:米原裕子)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年3月22日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。