三國連太郎さん死去、西田敏行「こんな日が来ると覚悟していたが…」

       
 俳優の三國連太郎さんが急性心不全のため14日に、都内の病院で亡くなったことが分かった。90歳だった。三國さんは1951年に「善魔」で役者デビュー。その後は数々の映画に出演。「釣りバカ日誌」シリーズでは、スーさんこと鈴木一之助役を演じ、多くのファンに愛された。

 報道によると、長男の佐藤浩市は15日都内で行われたドラマの制作発表会で取材に応じて「悲しいという思いはなかった。孤高さを貫いて芝居に関わってきたことが死に顔を見て感じた」と語ったようだ。

 また「釣りバカ日誌」シリーズで長年共演をしてきた西田敏行は、所属事務所を通じて「いつかこんな日が来ると覚悟はしていたものの、現実にその時が来たと知らされると、にわかには信じられません」とコメントした。(編集担当:武田雄樹)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年4月15日の韓流記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。