機械で採点される日本の歌手!ジュディ・オング敗北=台湾メディア

       
 歌番組や素人参加型のオーディション番組が根強い人気を誇っている中華圏だが、「日本で人気の歌番組の審査員はなんと機械だ!」と台湾メディアが報道。台湾出身の翁倩玉(ジュディ・オング)と林育羣(リン・ユーチュン)が、機械に採点されたと伝えた。

 テレビ局「TVBS」は放送やウェブニュースで、テレビ朝日系列で放送されている『関ジャニの仕分け∞』にジュディ・オングとリン・ユーチュンが出演しカラオケで歌ったと報じ、「ジュディは若い歌手に負けてしまった」と報告。「採点基準は音程と拍子が重要。“何度も何度も練習するのみ。高得点が出る秘訣は、実際に歌っている歌手にどれだけ近づいて歌えるか、ということ”」と、番組歴代トップの97.630という得点を出した、ユーチュンのコメントを紹介した。

 また台湾にもカラオケ採点機を導入している業者があるとのことで、「どんなに上手に歌っても、リズムが少しズレると91点しか出ない。音程が外れすぎると、曲が中断されて歌えなくなる」と説明。「採点機は1台100万台湾ドル(約320万円)という値段で、日本で流行中」とした。続けて「歌のオーディション番組の審査員はプロや素人、そしてインターネットや携帯電話を使って投票できたりもする。それが今や機械が審査する時代が来たのだ!」と、新たな方法に驚いている様子だ。

 ジュディとユーチュンが出演したのは、『関ジャニの仕分け∞』の「歌うま芸能人を仕分けろ対決!」というコーナーで、カラオケ機器LIVE DAM搭載の「精密採点DX」が審査員。高い歌唱力を誇る芸能人たちが挑戦するだけあって、注目される話題性ある番組だ。(編集担当:饒波貴子・黄珮君)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年4月16日の韓流記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。