安倍首相の「天皇万歳」、日本政府も「まずい」と認識=中国報道

 4月28日に行われた「主権回復の日」記念式典において、安倍晋三首相らが「天皇陛下万歳」と三唱したことについて中国メディア・中国網は日本政府公式サイトの動画で「天皇陛下」の部分の音声が削除されたと報じ「政府も不適当だと認識していた」と伝えた。

 記事は、「天皇陛下万歳」と叫ぶのは戦前の抵抗議会の伝統であり、現在においては「絶対的に異例の現象だ」と紹介。そのうえで、日本政府の公式サイトに掲載された式典の動画では「天皇陛下」の4文字部分の音声が抹消され、「万歳の声しか聞くことができなかった」とした。

 「マイクの故障で他意はない」とする日本政府のコメントに対して記事は「日本政府自身も、妥当でない行為だったとはっきり認識していた」とし、野党や沖縄メディアから批判的な意見が出たと伝えた。

 また、安倍首相の最近の行動について「靖国神社への供え物、迷彩服を着ての戦車乗車などは、いずれも政治上きわどい行為であり、自信の保守的色彩を外に知らしめようとしており危険だ」と分析する日本国内の学者もいたと紹介した。(編集担当:柳川俊之)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2013年5月2日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら