【中証視点】人民元相場の安全性保障のためには改革の深化が必要

【中証視点】人民元相場の安全性保障のためには改革の深化が必要
世界の金融システムの変革と為替政策の変動を受け、このところ、人民元相場は幾度となく最高値を更新している。2013年年始から今日まで、中国外匯交易中心(CFETS)が発表する人民元対外国通貨の中間値(基準値)は平均して2%以上上昇している。中でも、人民元と直接取引を行う通貨を見ると、人民元対米ドルの中間値は0.76%上昇、対円の中間値は17%上昇、対オーストラリア・ドルの中間値は2.21%上昇している。3日付中国証券報が伝えた。<br>(サーチナ)
 世界の金融システムの変革と為替政策の変動を受け、このところ、人民元相場は幾度となく最高値を更新している。2013年年始から今日まで、中国外匯交易中心(CFETS)が発表する人民元対外国通貨の中間値(基準値)は平均して2%以上上昇している。中でも、人民元と直接取引を行う通貨を見ると、人民元対米ドルの中間値は0.76%上昇、対円の中間値は17%上昇、対オーストラリア・ドルの中間値は2.21%上昇している。3日付中国証券報が伝えた。

 主要先進国の通貨に対する値上がりについては、中国の経済力が絶えず強くなっている結果であるが、先進国の中央銀行による異例の金融政策とも関係がある。例を挙げると、人民元対日本円の中間値が大幅に上昇したのは、日本の中央銀行が年始から資産購入ペースを絶えず加速しているからである。

 一連のコストを軽減し、外部環境の変化が人民元相場、更には中国のマクロ経済に与えるダメージを最小限にするにはどうすれば良いのだろうか。実際のところ、人民元が直接取引を行う通貨に対して、値上がりしたとしても、人民元対外国通貨の直接取引や人民元の発展を推し進めることで、人民為替相場の市場化の水準を効果的に引き上げることができ、人民元相場がより合理的な水準に近づくことに繋がる。

 人民元相場の形成メカニズムのより一層の改善だけでなく、健全な金融市場の発展、資本項目の対外開放の安定した推進もまた、人民元相場の安全性を保障する重要な措置である。毎回、人民元相場の上昇傾向が現れると、ホットマネーに関する懸念が高まる。それは詰まるところ、中国国内の金融市場の奥行きと大きさに対する自信が欠けており、中国の資本項目の対外開放の準備が整っていないことを示している。中国経済の開放度は絶えず高まっており、人民元為替相場と他の通貨との連携はますます強化されている。資本項目の人民元兌換自由化は人民元の国際的な地位を徐々に向上させることができ、クロスボーダーでの人民元の使用範囲の拡大に繋がる。各方面の情報を見ると、国内の金融市場の整備の推進、資本項目の開放度の向上がますます加速していることが分かる。例えば、銀行間債券市場の適格海外機関投資家(QFII)への開放、中国本土の証券取引所の香港・マカオ・

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2013年5月3日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。