韓国若手NO1のB.A.Pが日本初上陸「早く日本に来たかった」

韓国若手NO1のB.A.Pが日本初上陸「早く日本に来たかった」
韓国の若手グループの中で注目を集めている男性6人組アーティストのB.A.P(ビーエーピー)が25日、神奈川・パシフィコ横浜国立大ホールでの日本単独ライブに先立って、日本公式デビュー記者会見を開催した。<br>(サーチナ)
 韓国の若手グループの中で注目を集めている男性6人組アーティストのB.A.P(ビーエーピー)が25日、神奈川・パシフィコ横浜国立大ホールでの日本単独ライブに先立って、日本公式デビュー記者会見を開催した。

 「B.A.P」は「Best(最高の)Absolute(絶対的な)Perfect(完璧な)価値を追求する」という意味を持ち、ヒップホップを中心とした骨太サウンドと完成度の高いパフォーマンスで熱い指示を集めている。2012年1月、韓国でデビューし、デビューからわずか1年でシングル、ミニアルバムなど合わせて6作品をリリース。

 韓国内だけではなく、ドイツの「remarkable Awards 2012」で男性新人賞、中国の「第1回Yinyue V Chart Awards」で韓国音楽部門新人賞など国内外において数々の新人賞を総なめし、計14の賞を受賞するなど、今世界中から最も注目されているアーティストとなった。

 この日開催された日本公式デビュー記者会見で、公式に今年秋、待望の日本デビューを飾ることが発表された。日本公式デビューの感想を聞かれたメンバーのヨンジェは「早く日本に来たかったので、本当に嬉しかった。今でも信じられないくらいです。日本の活動を頑張りたいです」、ヒムチャンは「日本のデビューを楽しみにしています。よろしくお願いします」とコメント。

 前日、日本初単独公演を終えた感想をヨングクは「僕たちが日本に来るのは初めてなのにも関わらず、たくさんの愛を贈ってくれる日本のファンの方に感謝しています」と感謝の気持ちを伝えた。また、日本のファンについて聞かれたデヒョンは「日本のファンの皆さんは、ライブ中とても集中して、耳を傾けてくれるので、僕たちも心を込めて歌いやすいです」。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2013年5月30日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら