【華流】準備中の『イップ・マン3』、ドニー・イェンが出演拒否!

【華流】準備中の『イップ・マン3』、ドニー・イェンが出演拒否!
拡大する(全1枚)
香港のアクションスター、ドニー・イェンをスターダムにのし上げた『イップ・マン』シリーズ3作目が制作予定。だが監督変更に不満を持つドニーがプロデューサーともめ、出演は叶わないようだ。写真はドニーと妻の汪詩詩。(写真は「CNSPHOTO」提供)<br><br>【関連写真】<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0418&f=entertainment_0418_012.shtml&pt=large" target="_blank">【華流】ドニー・イェン、会社設立で若手監督をバックアップ</a>(2013/04/18)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0316&f=entertainment_0316_008.shtml&pt=large" target="_blank">【華流】アカデミー賞受賞アン・リー監督、次作はプロデューサー?</a>(2013/03/16)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0305&f=entertainment_0305_010.shtml&pt=large" target="_blank">【華流】ドニー・イェン『特殊身分』で再びトラブル、監督を訴える</a>(2013/03/05)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=1202&f=entertainment_1202_002.shtml&pt=large" target="_blank">【華流】ピーター・チャン監督の誕生日、スターが大集合!</a>(2012/12/02)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0531&f=entertainment_0531_015.shtml&pt=large" target="_blank">豪華スター共演の香港映画『八星抱喜』、監督が語る見所とは!?</a>(2012/05/31)<br>"(サーチナ)
 香港のアクションスター・甄子丹(ドニー・イェン)を、スターダムにのし上げた作品と言えば2008年制作の『イップ・マン 序章(原題:葉問)』。ヒットした本作に続き、続編の『イップ・マン 葉問(原題:葉問2)』が10年に制作され、またしてもヒット。実在した伝説の武道家・葉問(イップ・マン)を演じたドニーは、香港映画界を代表する俳優となった。(写真は「CNSPHOTO」提供)

 『イップ・マン』シリーズのプロデューサーである、黄百鳴(レイモンド・ウォン)は3作目を作るべく、制作費12億元(約190億円)を準備中とのこと。李小龍ブルース・リー)を中心にしたストーリー展開を考えているが、師匠であるイップ・マンも当然ながら重要な存在。ウォン プロデューサーはドニーに三度イップ・マンを演じてほしいとオファーしたが、ドニーはそれを拒否。2人の間でちょっとしたトラブルが起こっているそうだ。

 メディア取材によると、ドニーの出演拒否理由は、監督が1~2作目でメガホンをとった葉偉信(ウィルソン・イップ)ではないこと。またレイモンドは、ドニーが高額な出演料を要求することに、頭を悩ませているという。

 インタビューに応じたドニーは、「僕は先輩であるレイモンドさんを、尊重しています。でも出演料は、ほかのプロデューサーに比べると低い。何年たっても値上げしてくれないのは、周知の事実です。それでも『イップ・マン3』に出演したくて、スケジュールを調整しましたが、イップ監督が担当しないことが不満。1~2作目で一緒に作品を作り上げましたし、同じ理念を持っています。作品の魅力を大切にして、観客の期待を裏切らない3作目を作らなければなりません。だからイップ監督に撮ってほしいのです」と主張した。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ブルース・リーのプロフィールを見る
サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ブルース・リー」に関する記事

「ブルース・リー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ブルース・リー」の記事

次に読みたい「ブルース・リー」の記事をもっと見る

韓流ニュースランキング

韓流ランキングをもっと見る
お買いものリンク