内村光良、映画監督として自信作をアピール=台湾メディア

 7月上旬、お笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」のウッチャンこと内村光良が、映画監督として台湾を訪問。監督作品『ボクたちの交換日記』をPRした。

 台湾では「ウッチャンナンチャン」を「小内小南」と表記し、「小内」と呼ばれている内村。台湾・中央社(CNA)は、「台湾で大人気の「小内小南」の「小内」が台湾に来た」と伝え、「内村自ら脚本と監督を担当したのが『ボクたちの交換日記』で、プレミア試写会が開催された」と報道。「売れないお笑い芸人コンビが交換日記を始め、現状を打ち破るために初心と夢を見つめ直すストーリー」と紹介した。「主演の小出恵介と伊藤淳史の演技が素晴らしく、人気女優の長澤まさみも出演しているので見逃さないように」と薦めてもいる。

 続いて内村のコメントとして、「主演の2人は俳優であって芸人ではないので、笑いのコツを教えるのに一番苦労しました。でも努力してくれて、素晴らしい演技を見せてくれました」、「映画監督になりたいという夢を持っていましたが、縁あってお笑い芸人になりました。でもそれは、遠回りではなかった。僕のキャリアがあってこそ、このテーマで映画を撮ることができたのです」といった内容を掲載。台湾の人々にとって、芸人ではなく映画監督としての新たな内村の姿を知る機会になったようだ。(編集担当:饒波貴子・黄珮君)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2013年7月12日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら