ゴスペルミュージカル“決定版”が日本上陸、12月に公演

ゴスペルミュージカル“決定版”が日本上陸、12月に公演
世界のカルチャー・トレンドの発信源、ニューヨークのハーレムで1983年に誕生、その後も全世界で2500回以上の公演を重ねるゴスペルミュージカルの「Mama, I Want to Sing(ママ・アイ・ウォント・トゥー・シング)」が再び日本に上陸する。(写真提供:Mama, I Want to Sing PR事務局)<br>(サーチナ)
       
 世界のカルチャー・トレンドの発信源、ニューヨークのハーレムで1983年に誕生、その後も全世界で2500回以上の公演を重ねるゴスペルミュージカルの「Mama, I Want to Sing(ママ・アイ・ウォント・トゥー・シング)」が再び日本に上陸する。12月から来年(2014年)1月にかけて、東京と大阪での公演だ。1988年の初来日公演では、日本におけるゴスペル・ブームの大きなきっかけになったとされるだけに、今回の公演で日本の音楽シーンにどのような「衝撃」を与えるか、今から注目が集まっている。(写真提供:Mama, I Want to Sing PR事務局)

 教会のゴスペル隊からスターの座に上り詰めた少女の物語。「どうしても歌手になりたかった少女」がその夢をかなえた。1960年代に活躍したリズム・アンド・ブルース(R&B)歌手のドリス・トロイをモデルにした物語。ドリス・トロイの実妹であるヴァイ・ヒギンセンが作品を手がけた。歴代キャストにはチャカ・カーンやシャーリー・シーザーなど、R&Bやゴスペルの頂点を極めた歌手が出演していることから、「Mama, I Want to Sing」はブラックミュージカルの登龍門的作品とされている。

 さらに、「Mama, I Want to Sing」は1992年に公開され、記録的大ヒットにより主演のウーピー・ゴールドバーグの地位を不動のものにした年越し映画の決定版「天使にラブソングを」やビヨンセが主演して大ヒットした「ドリームガールズ」などブラックミュージックを題材にした作品に多大なる影響を与えた、音楽界の流れを大きく変えた「歴史的作品」でもある。

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年9月4日の韓流記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。