違う、あれは風水の旗だ! ホテルが「旭日旗」問題で釈明=中国

       
 中国河南省のホテルで、旧日本軍を想起させる旭日旗が掲げられていたことが先日報じられたが、ホテルの責任者は「旭日旗ではなく、風水で運気を上げるための旗だった」と釈明した。中国メディア・中国新聞社が28日報じた。

 先日、中国国内のネット上で同省安陽市にあるホテル「万匯大酒店」に旭日旗が掲げられているとの書き込みがあり、国民感情を傷つけるものだとして多くのネットユーザーや市民が旗の撤去を呼びかけた。

 記事は、騒動発生後の27日午前にホテルに行ってみたところ、すでに旗が撤去されていたこと、現地の行政当局の関係者がホテルを訪れたことを伝えた。そのうえで、ホテルの社長が「あるは日本の軍旗ではない」とコメントしたを紹介した。

 社長は旗が旭日旗ではなく、風水に関連したものであるとした。そして、掲げた経緯について、8月末に開業した直後にある株主が急死、ホテルの風水が良くないとの指摘を受けたこと、そこで風水師の指示に従って例の旗を掲げたことを説明した。

 記事は、旗が日章旗のように白地ではなく、黄色地であったと紹介。社長が「ある人から日本の軍旗にそっくりだといわれて驚き、急いで撤去した」と語ったことを伝えた。(編集担当:今関忠馬)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年9月28日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。