空家爆発…崩れる壁、落ちる天井、吹き飛ぶ瞬間湯沸かし器=江西

 江西省南昌市進賢県内のマンション5階の一室が15日午前11時50分ごろに爆発した。長期に渡り人が住んでいない「空家」で、当局が爆発に至った経緯を調べている。壁の一部が崩れたり、天井が脱落、瞬間湯沸かし器などが吹き飛ばされて地上に落下するなど、爆発の威力は相当に大きかったという。江西日報などが報じた。

 爆発が発生したのは、進賢県にある商業施設、商城世紀の建物上部にあるマンション。爆発した部屋の向かいの棟の住民によると「家族と昼食をとっていたら、突然の爆発音。飛び上がるほど驚きました」という。向かいの建物を見ると、5階の部屋のベランダや窓が濃い煙を吐きだし、そして煙を追いかけるように、炎が宙を突き刺した。

 爆発した部屋では、置かれていた物がほとんどすべて吹き飛び、かわりにレンガやガラスの破片がばらまかれた。トイレのドアも吹き飛んだ。天井が脱落した。一部の壁は崩れた。ベランダに置かれていた物も一掃された。地上には、レンガやガラス片以外にも、吹き飛ばされた植木鉢、洗面器、瞬間湯沸かし器などが点々と散らばった。

 周辺の多くの部屋で、窓枠が脱落したりガラスが吹き飛んだりした。爆発した5階の部屋では火の勢いがみるみる強くなった。そのため、最上階の6階に13人が取り残された。平日の正午近かったので、多くが高齢者で、口々に「助けて!」と叫び続けた。

 消防士が建物内に突入し、放水しながら進み、逃げ遅れた人を救出した。消防士は計21人で、「爆発した部屋への放水」、「延焼抑止」、「逃げ遅れた人がいないかの確認」、「水源の確保」の4つのチームに分かれ作業を遂行した。完全に鎮火したのは午後0時45分ごろだった。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2013年10月18日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。