平岡祐太がドラマ出演のため台湾滞在、中国語と台湾語を練習中

 映画、ドラマで活躍中の男優・平岡祐太が、ドラマ撮影のため台湾入り。「1カ月以上滞在する」と、現地メディアが報道した。

 10月16日に台湾に到着し、歓迎を受けた平岡。日刊紙「中國時報(チャイナ・タイムス)」によると、出演ドラマはテレビ局・三立電視(SET)制作による『熱愛恋歌』。「李千娜(リー・チェンナ)演じるヒロインの日本人夫を演じる。キャスティングの際に、平岡を推薦する声が複数あがった」そうだ。見ごとに役を射止めたことになり、「出演料は、平岡側も制作側も満足できる金額でまとまった。日本アカデミー賞新人俳優賞の受賞者である平岡は、実力も外見も申し分ない」と、中國時報は紹介している。「本ドラマでは日本語・中国語・台湾語を話す設定なので、約1カ月前から会話を勉強し始めた」とのこと。取材時には中国語であいさつや会話をし、「台湾語の発音は可愛く感じます」と笑顔を見せたそうだ。

 また、昨夏の台湾旅行でおいしい料理に魅せられたという平岡は、到着後すぐに「小籠包(ショウロンボウ)と牛肉麺を食べに行きたい」と語り、「温泉に入りたいと思っていますし、ドラマ『東京タワー』で共演した陳柏霖(チェン・ボーリン)さんと食事行きたい」と希望を述べた。1カ月以上は台湾に滞在するようで、フリータイムも満喫できそうだ。

 そして平岡の最新ドラマ『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』は、日本と同じく台湾でも現在放送中。「まだ木村拓哉さんとの共演シーンはありません。日本での視聴率は良い方ですし、今後上がっていく自信があります。みなさんも応援してください!」と、台湾メディアにアピールしたとのこと。

 平岡が出演する台湾ドラマ『熱海戀歌』は、1960年代を舞台に描かれる内容で、台湾のローカル色にあふれたテイストになるとのこと。台湾名物の温泉と美食にスポットを当て、2014年の放送予定となっている。平岡の登場は日本人にとっても気になるところだ。(編集担当:饒波貴子・黄珮君)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2013年10月24日の韓流記事

新着トピックス

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。