6月以降、中国融資ファシリティーの貸出残高が次第に減少

 中国人民銀行(中央銀行)が6日に公式サイトで発表したデータによると、6―9月、融資ファシリティー(SLF)の貸出残高はそれぞれ4160億元、3960億元、4100億元、3860億元だった。6月から、同残高が次第に減少していることが分かった。7日付中国証券報が伝えた。

 中国人民銀行にとって、SLFは短期流動性の管理における新たなツールとなっている。アナリストは、「融資ファシリティー残高の公表は、中国中銀の通貨政策調整の透明性が一層向上し、通貨政策ツールがより充実したことを示している」と指摘する。中国人民銀行は今後より多くの通貨政策ツールを利用して市場の流動性を調整すると見られる。(編集担当:陳建民)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2013年11月7日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら