曾我泰久、デビュー40周年迎えさらなる前進~インタビュー後編~

曾我泰久、デビュー40周年迎えさらなる前進~インタビュー後編~
2014年3月に、芸能界デビュー40周年を迎える曾我泰久。1983年に結成し、野村義男と共にフロントマンを務めるロックバンド「The Good-Bye(ザ・グッバイ)」は活動中で、30周年イヤーが続いている。(写真は「イクセルエンターテイメント」提供)(サーチナ)
       
 2014年3月に、芸能界デビュー40周年を迎える曾我泰久。1983年に結成し、野村義男と共にフロントマンを務めるロックバンド「The Good-Bye(ザ・グッバイ)」は活動中で、30周年イヤーが続いている。また精力的にライヴを開催し舞台に立つなど、ミュージシャンとして役者としてソロ活動も順調だ。後編では舞台のことや、今年の抱負を聞いた。(写真は「イクセルエンターテイメント」提供)

――昨年秋は、2本の舞台出演をこなしていましたが、それぞれどんな内容だったのでしょう?

 まず『眠れぬ夜のLove ストーリーズ vol.1』という舞台は、僕の曲を元に作られた5つのストーリーを役者が演じ、僕は“曾我泰久”自身としてステージで弾き語りをする、というぜいたくな作品でした。プロデューサーの水木英昭さんが、「曾我さんの曲で舞台を作りたい」とずっと前から言ってくれていて、やっとタイミングが合い10月に実現できたんです。

 お芝居をもっと見たいと思った人、ライヴシーンが長い方がいいと思った人、意見が分かれる舞台だったでしょうが、エンターテイメントとしてはいい作品に仕上がりました。音楽と芝居を融合させる意味では課題が残り、ミュージシャンと役者の両方の気持ちがわかる僕はバランスを取ることを意識してしまう。いろんな難しさを感じたので1度整理して、vol.2以降を続けられたら面白いだろうなと思っています。

――続いて福島三郎さんの主宰劇団「丸福ボンバーズ」の、『フナバシTOYS』という舞台にも出演されましたね。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年1月21日の韓流記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。