中国版紅白、最も熱く注目されるのは韓流スターのイ・ミンホ

中国版紅白、最も熱く注目されるのは韓流スターのイ・ミンホ
旧暦で正月を祝う中国では2014年、1月31日が元旦にあたり盛大に祝う。大晦日の30日から新年のカウントダウンに向けて、家族揃って楽しめる年越し番組を各テレビ局が力を入れて制作しているが、最も影響力があり根強い人気を誇っているのが国営局・中国中央電視台(中国中央テレビ、CCTV)の『春節聯歓晩会』だろう。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 旧暦で正月を祝う中国では2014年、1月31日が元旦にあたり盛大に祝う。大晦日の30日から新年のカウントダウンに向けて、家族揃って楽しめる年越し番組を各テレビ局が力を入れて制作しているが、最も影響力があり根強い人気を誇っているのが国営局・中国中央電視台(中国中央テレビ、CCTV)の『春節聯歓晩会』だろう。中国内で8億人近くもの人が視聴していると伝えられている国民的番組だ。中国版『紅白歌合戦』とするのがイメージしやすい。

 その『春節聯歓晩会』へ出演できることが、中華圏では一流スターとして認められることになるが、今年は成龍ジャッキー・チェン)、梁家輝(レオン・カーファイ)、陳慧琳(ケリー・チャン)といった日本でもお馴染みの香港スターの登場が決定。また韓流スターイ・ミンホが一番の目玉になるようだ。

 26日に北京入りしたミンホは、入念なリハーサルをこなし本番を待っているとのこと。台湾の歌手〓澄慶(ハーレム・ユー/〓はまだれに臾)と「情非得已」をデュエットするそうだ。この曲はハーレムの持ち歌で、台湾ドラマ『流星花園~花より男子~』の主題歌としてヒットした。ミンホは韓国版の『花より男子』で主人公・道明寺司を演じており、中国の若者たちによく知られている。「韓国の道明寺が、主題歌を中国語で歌う」と注目を集めるだろう。

 ほかにはジャッキー・チェンが演じるアクション活劇『一百単八将』、当番組の副プロデューサーを務める人気コメディアン・趙本山(チャオ・ベンシャン)が監修するショートコント『扶不扶』が、特に注目されるプログラムだという。チャオ・ベンシャンは「今年はコントコーナーが少なくなっていますが、全力で挑む俳優たちの頑張りを認めてほしい。みなさん、楽しんでください」と視聴者にメッセージを送った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2014年1月30日の韓流記事

次に読みたい関連記事「金城武」のニュース

次に読みたい関連記事「金城武」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「チャン・グンソク」のニュース

次に読みたい関連記事「チャン・グンソク」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「クォン・サンウ」のニュース

次に読みたい関連記事「クォン・サンウ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。