バレンタインか元宵か、千々に乱れる中国の若者

 2月14日のバレンタイン・デーだ。自分の愛情を相手に告白したり、すでに交際している人はプレゼントを用意して2人の幸せな時間を過ごす。中国でも都市部を中心にバレンタインの習慣は定着している。一方、今年(2014年)の2月14日は旧暦の1月15日に相当。中国では元宵節(ユェンシァオヂエ)と呼ばれ、家族団欒(だんらん)で過ごすべき日とされている。さて、恋人を取るか家族を取るか。中国の若者の心は千々に乱れているという。中国新聞社などが報じた。

 山東省青島市に住む女性、王さんは、迷いに迷った末に13日、北京に向かう夜汽車に飛び乗った。王さんの恋人は北京市内で仕事をしている。典型的な「遠距離恋愛」のカップルだ。

 2人が交際するようになったのは青島市内の大学に入学した直後だった。2人とも昨年(2013年)に卒業。王さんは、故郷でもある青島市の大学に残り、大学院課程に進んだ。“彼氏”は北京市に職を見つけた。2人は交際後5年にして初めて、「バレンタインの問題」に直面することになった。

 バレンタイン・デーと元宵節が重なったのが在学中だったら、それほど問題ではなかったかもしれない。王さんにとって、例えば昼間は恋人とのデートを楽しみ、夜は帰宅して家族と過ごすという選択もできたはずだからだ。しかし、遠距離恋愛となって初めての年の2月14日は、恋人を選ぶか、家族を選ぶか、どちらか1つにせねばならないことになった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2014年2月14日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら