トロトロお肉にカリカリおこげ「土鍋ごはん」が身体に悪い5つの理由

トロトロお肉にカリカリおこげ「土鍋ごはん」が身体に悪い5つの理由
寒さが増すにつれ、中国の人々が好んで食べるのが「〓仔飯」。土鍋で米を炊き具とタレをのせて蒸す“ごはん物”のことだ。1人で食べる小さなサイズの土鍋ごはんが一般的だという。寒さで震える中、アツアツの土鍋ごはんは家庭でもレストランでも人気メニュー、食べて幸せを感じる中国人は多い。だが、「食材を選ばないと高カロリーで危険!」というメディア報道が飛び出し、おいしく食べられる庶民派のごはん料理が実は“体に良くない”と注意した。(〓は、保の下に火)(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 寒さが増すにつれ、中国の人々が好んで食べるのが「〓仔飯」。土鍋で米を炊き具とタレをのせて蒸す“ごはん物”のことだ。1人で食べる小さなサイズの土鍋ごはんが一般的だという。寒さで震える中、アツアツの土鍋ごはんは家庭でもレストランでも人気メニュー、食べて幸せを感じる中国人は多い。だが、「食材を選ばないと高カロリーで危険!」というメディア報道が飛び出し、おいしく食べられる庶民派のごはん料理が実は“体に良くない”と注意した。(〓は、保の下に火)

 報道によると、中国の大学で栄養学を教える教授が5つの問題点を挙げたという。「油の入れ過ぎで脂肪分過多となる、塩分が多すぎる、“おこげ”部分は有害になる可能性大、一般的な料理よりも量が多くなりがち、肉類が多く野菜が少ない」というのが、その内容だ。中国の人々、そして食べたことのある日本人なら思わず納得してしまうのではないだろうか。

 続けてその教授は「理想の作り方」についてレクチャー。「人気の豚バラ肉土鍋ごはんは、米に油が吸収されており、米一粒ずつまでもが油っこい。さらに香り付けのために調理前に土鍋に油をぬる店も多いため、目に見えない脂肪分は増す一方。食べる時は鶏肉やスペアリブ、牛肉にしよう」と、脂肪分少なめの肉を選ぼうと薦めた。

 また具は加工食品を使い、醤油などの調味料を聞かせるため必然的に高くなるのが塩分。「週1回程度食べるのがちょうど良い。だが腎臓病・高血圧症の患者や妊婦は、控えめにしてほしい」と、食べる頻度もアドバイス。週に1回でも多い気がするが、中国ではもっと多いということなのだろう。週2~3回、というのが当たり前なのか!?

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2014年2月14日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら