「水道水がおかしい」海水が川に逆流、塩分濃度異常が過去最長に

       
 今月に入り、海水が川に逆流してくる「咸潮」現象が長江河口付近で長期間に渡って発生している影響で、上海市内の二つの貯水池で標準値を超える塩化物が測定されていると、中国メディアが報じている。

 上海水務局によると、2月3日以降、塩化物濃度が国家の定める水準を超える1リットルあたり250ミリグラムという数値を観測し続けており、ひどい時には3,000ミリグラムを超えたという。

 この「咸潮」という現象は珠江デルタ、長江デルタなどの河口付近でみられ、海水の浸入によって川の塩分濃度が上昇するというもの。結果水道水の水質にも影響があり、上海市の一部では、「色が黄色くなる」「味がおかしくなる」などの異常が一時みられた。現在は正常に戻っている。

 上海水務局は水道行政管轄部門に要請し、長江中流域にある三峡ダムからの流水量を増やすことで問題に対応したが、この現象は3月上旬まで続く見込みで、2004年2月に記録した9日間19時間の記録を更新する勢い。

 水質異常が引き起こす健康被害に対する懸念はもちろんであるが、塩分を含む水は金属の腐食を進行させる懸念があり、住宅設備への影響も市民の大きな関心となりそうだ。(編集担当:永井晶子)


【関連記事】
中国の主要74都市「1月に大気汚染発生せず」はラサ市のみ
川で魚が大量死、周辺住民「タダだ。それっ」=南京
脂性肌の毛穴の黒ずみは塩水洗顔で撃退!乾燥肌には蜂蜜ケアを
水に入れて飲むだけ!中国の人々の実にシンプルな蜂蜜健康法
冬の乾燥対策! お肌のうるおいはたっぷりの水分補給から

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年2月24日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。