サッカー日本代表イレブンが山手線11車両を「夢」一色に染め上げる

サッカー日本代表イレブンが山手線11車両を「夢」一色に染め上げる
2014年3月1日(土)から山手線2編成がSAMURAI  BLUE(サッカー日本代表)の夢一色になる――。(写真は、山手線トレインジャックの車両イメージ。提供:日本サッカー協会)(サーチナ)
 明日、2014年3月1日(土)から山手線2編成がSAMURAI  BLUE(サッカー日本代表)の夢一色になる――。2014FIFAワールドカップブラジルに臨む日本代表メンバー、そして、日本代表サポーティングカンパニー各社の「夢」が山手線に掲げられ、3月16日まで16日間、東京を駆け巡る。(写真は、山手線トレインジャックの車両イメージ。提供:日本サッカー協会)

 日本サッカー協会は、「夢を力に2014」と題し、決意・覚悟をもって全力を尽くすSAMURAI  BLUE(日本代表)の監督・選手と、その姿に共感するファン・サポーター・日本全国の人々が、お互いの「夢」を語り、つながり、応援し合い、日本中に「夢を力にかえて生きていくすばらしさ」 を広げていくプロジェクトを展開している。

 今回、その一環として、JR山手線2編成(1編成は11車両)の車体および車内(中づり、額面ポスター、戸袋ステッカー)の広告スペースを、「夢を力に2014~山手線トレインジャック」として、全てSAMURAI BLUEの「夢」で埋め尽くす。

 たとえば、本田圭佑選手の夢は「小さいころから変わらない夢。日本代表として優勝すること」。長友祐都選手は「『世界一』になる。その夢こそが、自分にとっての誇り」。遠藤保仁選手は、「この大会で、頂点を目指す。その後も、目標とされる選手になりたい」など。長谷部誠選手、香川真司選手、川島永嗣選手など、2013年10月・11月の欧州遠征4試合に出場時間上位11選手の「夢」が車両に掲示される。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年2月28日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。