第6回沖縄国際映画祭:国際通りのレッドカーペットを振り返る(2)

第6回沖縄国際映画祭:国際通りのレッドカーペットを振り返る(2)
第6回を数え、全国の映画ファンやお笑いファン、沖縄県民の3月の恒例イベントとなった「沖縄国際映画祭」。(写真は筆者撮影、上:『ピラメキ子役恋物語』の鈴木福ら/下:『サンブンノイチ』の品川ヒロシ監督と田中聖)(サーチナ)
 全国の映画ファンやお笑いファン、沖縄県民の3月の恒例イベントとなった「沖縄国際映画祭」は6回目を迎える今年、「島ぜんぶで、おーきなこと!」という合言葉を掲げ、メイン会場のみならず沖縄各地にて関連イベントが行われた。

 中でも注目度が高かったのは、初の試みとなる「国際通りレッドカーペット」。3月23日、沖縄のメイン・ストリートで実施されたビッグイベントは、実に58000人を集客した。(写真は筆者撮影、上:『ピラメキ子役恋物語』の鈴木福ら/下:『サンブンノイチ』の品川ヒロシ監督と田中聖)

 若手人気俳優の岡田将生と忽那汐里、トップアイドルのNMB48、映画関係者やお笑い芸人の歩行で沸いた前半の国際通りのレッドカーペット。終盤はドイツ映画『ゲーテなんて クソくらえ』のボラ・ダクテキン監督と俳優エリアス・ムバレク、韓国映画『怪しい彼女』のファン・ドンヒョク監督と女優シム・ウンギョン、アメリカ映画『ジャッカス/クソジジイのアメリカ横断チン道中』の男優ジョニー・ノックスヴィルら、海外ゲストが続き国際色豊かであった。

 NON STYLE、ハリセンボン、ジャルジャルといったお笑いコンビの歩行でにぎやかになったが、「かわいい!」と観客の視線をひとり占めしたのは、子役の鈴木福。声をかける人とハイタッチを交わしていた。鈴木は今回、テレビ東京の子ども番組『ピラメキーノ』の映画版『ピラメキ子役恋ものがたり』の主演男優として来場し、共演者のはんにゃ、フルーツポンチと一緒にレッドカーペットを歩行した。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2014年5月28日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら